読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

命名達人

命名達人は、一般人が「赤ちゃんに名前を付けるなら?」と考えた名前を紹介しています。実際に子供に付けた名前、子供に付けたかった名前、子供が生まれたらつけようと思っている名前、いいなと思う名前などそれぞれの想いがこもっています。楽しんでいただけたら嬉しいです♪

スポンサーリンク

命名:咲優 (さゆ)

大人になるにつれて花のように開花し、優しい子になって欲しい



命名:咲優 (さゆ)
女の子向け


昔から女の子が生まれたら「咲優(さゆ)」と名付けたいと思っていました。 (私は○○子と言う名前であまり可愛くなく、女の子っぽい可愛い名前が良かったので)

 

名前の由来は漢字の通り、蕾で生まれた赤ちゃんが大人になるにつれてどんどん花のように開花し、 大人の女性になった頃には満開の花の様に綺麗な女性であって欲しいと思い選んだのが「咲」です。

 

後は女の子なので優しい思いやりのある子になって欲しいと言う願いを込めて「優」という字を選びました。

 

名前は自分のつけたい漢字を辞書で調べて、苗字と合した時の字数を確認しました。

 

神社でつけてもらったら?という意見も言われましたが、やっぱり親の気持ちがこもった名前が一番かな? と思い、自分で名付けました。

 

現在4歳になりますが、子供は「さしすせそ」の発音が苦手なので自分のことを「しゃゆ」と読んでいます。 その可愛い姿にいつもキュンキュンさせられます?


20歳になった咲優(さゆ)さんは?



咲優が20歳になった頃には… 自分の才能や魅力を十分に開花させて、自分の進むべき道をしっかり進んでくれていると思います。

 

ただ、高嶺の花にならないように優しさをもって、友人や恋人と接して貰いたいです。 勉強や運動がちょっと出来なくても、いい企業に就職できなくても、苦労を乗り越えて自分だけの、一生に一回しかない人生を送ってもらいたいです。

 

過去に囚われず未来をしっかり見据えた芯のある強い子になって欲しい。 あと、いつまでも唯一無二のお母さんの存在を大切にする女の子でいて欲しいです。


【投稿者:マツエクサロンの真美ママさん】

スポンサーリンク