読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

命名達人

命名達人は、一般人が「赤ちゃんに名前を付けるなら?」と考えた名前を紹介しています。実際に子供に付けた名前、子供に付けたかった名前、子供が生まれたらつけようと思っている名前、いいなと思う名前などそれぞれの想いがこもっています。楽しんでいただけたら嬉しいです♪

スポンサーリンク

命名:蓮 (れん)

自分の子供に付けたかった名前 ~蓮という字の奥深さ~



命名:蓮 (れん)
男の子向け


初めて出産した子が女の子だったんですが、性別が判明する前は男の子だと思っていたんで、男の子の名前を考えていたんです。

 

あれやこれや考えていたので、いろいろあるのですが、今回は「蓮」という名前を紹介したいと思います。

 

まず「蓮」は『ハス』とも読みますよね。それを、名前らしく『レン』と読むようにしたのですが、由来はその『ハス』にあります。ハスというのはみなさんご存知のとおり、花の名前です。

 

その花言葉が「清らかな心・神聖・雄弁・沈着」。まぁ、暗い花言葉もありますが、そこは置いといて考えます(笑)

 

自分の子には、人を無下にしない、人から見て素敵だなって思われる人に育ってほしいという想いもありまた。それにハスは、汚い泥水でしか咲かない、綺麗な水だと小さい花しか咲かせられない、とのことで、人生にも例えられています。

 

大変な思いをしたからこそ、綺麗な大きい花を咲かせられる、そういう意味でも、我が子には強くたくましく生きて欲しかったので、保留として考えていた名前でした。結局女の子が産まれたので付けられませんでしたけどね(笑)


20歳になった蓮(れん)さんは?



その名前のとおり、清らかな心で、誰からも慕われている、強くたくましい子に育っててほしいですね。まぁ、いいところだけで育ってくれる子は稀だろうと思いますので、せめて強く、人の心を理解できる子にはなって欲しいです!

 

世の中の波に負けないくらいの元気さを持って、人徳あふれる人になってほしいなぁと思います。そして産まれた我が子もそういうふうに育ってほしいと思います!


【投稿者:0歳の子供がいるママさん】

スポンサーリンク