読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

命名達人

命名達人は、一般人が「赤ちゃんに名前を付けるなら?」と考えた名前を紹介しています。実際に子供に付けた名前、子供に付けたかった名前、子供が生まれたらつけようと思っている名前、いいなと思う名前などそれぞれの想いがこもっています。楽しんでいただけたら嬉しいです♪

スポンサーリンク

命名:咲夜 (さくや)

 

桜の花が開花を始めた春先の夜に生まれた新しい命の誕生



命名:咲夜 (さくや)
男女どちらでもOK


咲夜の名前の由来、桜の開花する時期の夜に生まれて、桜の花びらが花吹雪のように、風でなびいて、生まれたことをお祝いしてくれてるように感じたからです。

 

イメージでは、名前に夜が入っているため、何事にも冷静に対応でき、多くのことに幅広く対応できまた、もう一文字の咲は、周りの人の顔に笑顔を咲かせるような性格ムードメーカー的存在にになって欲しいというクールでムードメーカーという、陰と陽の両方が入っている名前にしようという思いからつけました。

 

オススメのポイントは、この名前は、男性、女性のどちらにつけても違和感がなく、また、近年流行っているキラキラネームのように読み取ることが難しい読みではなく、漢字の読みをそのままつけているため、名前の読み間違えを防いだり、また、わかりやすい漢字のため、子供でもすぐに自分の名前を漢字として書けるようになると思います。


20歳になった咲夜(さくや)さんは?



子供が20歳の時には、名前の由来が桜の花が咲き誇る春ということもあり、成人式を迎え、これから新しく社会人として生きてゆくという思いを持ち、名前の通り、クールで冷静で、時にはムードメーカー的存在になる、会社で特に重宝されるエリートになっていると思います。

 

また、仕事は、その性格を生かした、会社周りを得意とするサラリーマンになっていると思います。


【投稿者:桜ノ宮鮮花さん】

スポンサーリンク